車買取における2つの二重査定のパターン

車買取の業界では、しばしば二重査定という用語が使われます。そして、それはトラブルの元になっている事も多いようです。
ただしその査定にも、実は2つのパターンがあります。タイミングに関する違いはありますが、どちらも減額が発生するのが特徴ですね。

 

実査定が行われた後に発生する二重査定

 

まず1つ目のパターンは比較的多いのですが、車の実査定の後に発生する二重査定です。車売却の手続きの際には、もちろんお店のスタッフによって車の状態を見てもらう事になります。その際に例えば60万円台と提示されたとしましょう。
ところがその数日後に、40万円台などと伝えられてしまう事があるのです。査定が2段階で行われている都合上、たまにそのようなトラブルが発生します。
ただし業者によっては、支払いのスピードがとても早い所もあります。基本的に即日買取が可能な業者の場合は、そのような二重査定が行われる事は少ないですね。
エスティマを売るなら

 

ネット査定後の減額も二重査定

 

それと2つ目のパターンですが、ネット査定に関する減額です。ネット査定というのは、車の買取業者による概算を知るための手続きです。
例えばある車買取の業者がホームページに設置してくれているフォームに対して、車の様々な情報を入力したとしましょう。その結果買い取り業者から、「だいたい40万円から60万円台です」などと伝えられたとします。ところが実際に車を見てもらった結果、20万円台や30万円台などに減額になるパターンですね。つまりネットと実査定の食い違いも、二重査定の1つと見なされる事があるのです。
しかし実はこれは珍しい事ではありません。そもそもネットで伝える情報というのは、やはり限りがあるのです。ネット査定による金額はあくまでも「目安」であって、正式決定のものではありません。あくまでも大体の金額を知るのがネット査定ですので、減額はよくある話です。
このように二重査定には2種類あるのですが、一般的には前者の「実査定後」のパターンになります。