相場師よりも車を安く仕入れられる車買取というビジネス

車買取店が利益を得ている理由は、もちろん他の方への売却です。
買取店は来店客から買った車を、別の所に売却をしています。それで利益を得ているという、とてもシンプルなシステムですね。しかしそのシステムは、私はある意味理に適っていると思います。なぜなら買取店は、安く仕入れる事ができるからです。

 

オークションの会場を活用した相場師

 

最近知った話ですが、実はオートオークションの業界には相場師と呼ばれる方々がいらっしゃるようですね。
例えばオートオークションの会場Aにて、ある車を落札します。仮にその落札金額が、120万円だったとしましょう。そして別の会場Bでその車を売却して、その金額が150万円だったとします。差し引き30万円分の利益が発生していますね。もっとも実際には手数料がかかりますので、単純に30万円の利益にはならないのですが。
このように複数のオークション会場を活用して、利益を得ている方も中にはいらっしゃるのだそうです。

 

車買取ではオークションより安価な仕入れが可能

 

しかしそのやり方には、1つ難点があります。安く落札できれば良いですが、必ずしもそうなるとは限らないのです。
そもそも車を妥当な金額で落札できるかどうかは、やはりある程度知識が必要だと思います。車の相場感などに関する知識も、ある程度求められるでしょう。一歩間違うと高く買う事になってしまうリスクもあります。
ところが車買取のお店の場合は、基本的には安く仕入れられる事が多いです。一般顧客から車を買い取る方が、かえってオートオークションよりも安く仕入れられる事が多々あるようですね。
ですので車の買取店は、よく遠方にも出張に行っている訳ですね。オートオークションよりも安く仕入れられる事を考えれば、出張費用をかける価値もあるでしょう。
比較的リーズナブルに仕入れる事ができるという意味で、車の買取店は上手く回転しているビジネスだと思います。